化粧水に含まれる保湿成分・セラミドとヒアルロン酸はどんな働きをするでしょうか?

50代の乾燥しがちなスキンケア対策では保湿が鍵となります。乾燥は紫外線とともに肌を老化させる要因となりますし、乾燥によるシワやたるみ、シミといったトラブルも起こります。

化粧水に含まれるセラミドはバリア機能を保持

化粧水に含まれる保湿成分

また水分が失われるとともにバリア機能も低下し、紫外線や雑菌など外部からの刺激に対するダメージも多くなります。保湿成分で水分を補うことでこうした年齢肌のトラブルを予防・改善することができるのです。

 

そんな保湿対策のポイントとなるのがセラミドとヒアルロン酸です。保湿成分の代表格として広く知られていますが、どちらも肌に元々含まれています。セラミドは30歳前後あたりから減少をはじめますが、ヒアルロン酸は赤ちゃんの頃がもっとも多いと言われており、30代に入る頃から減少するペースが早くなります。どちらも50代ではかなり不足している状態なのです。

 

セラミドは細胞間脂質の一種で、角質細胞の間に存在しています。それによって角質細胞同士を結びつけ、規則正しく並べているほか、水分とバリア機能を保持する役割を担っています。

 

セラミドは細胞間脂質のおよそ4割を占めているため、これが減少してしまうと角質細胞の結びつきが乱れてバラバラになっていまうほか、開いた隙間から紫外線や雑菌が入り込みやすくなったり、肌の内部の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

化粧水に含まれるヒアルロン酸は水分を溜め込む役割

化粧水に含まれる保湿成分

一方ヒアルロン酸は優れた保水力が特徴です。質量の6000倍もの水分を溜め込むことができるといわれており、角質層において水分を維持する重要な役割を担っています。

 

セラミドによってバリア機能を保持し、ヒアルロン酸が水分を溜め込む。この2つの成分がきちんと機能することで若々しくハリのある肌が維持できるのです。50代のスキンケアでは失われていくこの2つの保湿成分をいかにうまく補っていけるかがポイントとなります。

 

配合されている化粧水を使用するのはもちろん、含有量や浸透性の高さなど効果についても詳しくチェックしていくことも大事です。セラミドにはいくつかの種類があること、ヒアルロン酸は分子が細かいほうが浸透しやすいといった知識も身につけておくとよいでしょう。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>