50代の化粧水の正しい使い方とは?

化粧水は洗顔後最初に使用するスキンケア製品だけに肌への影響も大きく、適切な製品選びが求められます。また同じ製品でも使い方次第で効果が変わってくることもあります。50代の肌は敏感になっているため、使い方次第で効果が高まったり、逆にマイナスになってしまうケースもあるのです。

50代は肌に刺激を与えないよう化粧水をつけることが大原則

化粧水の使い方

50代の化粧水の使い方に関してはまずできるだけ肌に刺激を与えないことがポイントとなります。洗顔後の敏感になっている肌に直接塗布するわけですから、強く擦って塗布していくような方法はNGです。

 

コットンを使用する場合には擦るのではなく優しくパッティングしながら使っていきます。コットンは使い勝手がよいのが魅力ですが、乾燥・敏感肌の人には摩擦による刺激が強くなりがちなので避けたほうがよいかもしれません。

 

理想的なのは手のひらに直接とって塗布していく方法。1回につき500円玉くらいの量を手にとって丁寧に塗布し、肌に馴染ませていきましょう。

 

その際にはすぐに塗布せず、手のひらで適度に温めてておくとより浸透しやすくなります。ちょっと手間がかかるかもしれませんが年齢肌のケアにはピッタリの使い方です。

化粧水は必要な量を惜しまず使うことが大切

化粧水の使い方

それからもうひとつ重要なポイントとなるのが量を惜しまないこと。極端な話化粧水の効果は使う量で決まるといっても過言ではありません。必要なだけ惜しまずに使う。そのためには自分の経済力と相談したうえでの化粧水選びもポイントとなります。

 

評判の高い高価な製品を惜しんで使うよりも安い製品を大量に使った方が結果的には高い効果が得られます。この点はとくに年齢を重ねれば重ねるほど傾向が顕著になります。加齢によって失われていくセラミドなどの成分を補うためにはやはり量が必要になるからです。

 

使い方といってもそれほど難しいことではありません。肌に刺激を与えないよう注意し、十分な量で補うこと。この2点を踏まえてさえいれば化粧水の効果を十分に引き出すことができるでしょう。

 

後は洗顔後できるだけすぐに使用すること、美容液に含まれている成分との兼ね合いも注意して製品を選ぶことまで意識すれば、化粧水に関しては万全のスキンケア環境を整えることができるはずです。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>