ふき取り化粧水の選び方

手軽に使用できるため人気が高いふき取り化粧水ですが、製品選びの際にも使用する際にもメリットとデメリットをしっかり把握しておく必要があります。

メリットは落としきれなかった汚れや古い角質を落とすことなど

扱いを間違えると肌環境を悪化させてしまう恐れがあるだけに注意が必要なのです。

 

ふき取り化粧水の最大の特徴は簡単に使用できる点です。コットンなどにしみこませて肌に塗付することで使用できますから、通常の化粧水に比べてはるかに簡単に使用できます。旅行などの外出時などに重宝します。

 

また、汚れを落とす効果がある点も大きなメリットです。

 

一般の化粧水は肌を引き締め、調子を整えつつ保湿成分などの有効成分を補うために使用しますが、ふき取り化粧水の場合はクレンジングと洗顔では落としきれなかったメイクの汚れやターンオーバーの乱れで蓄積してしまった角質を落とす効果があります。

 

ですから夜に仕事から帰宅した後に疲れてクレンジングに十分な時間がかけられなかったときや、肌の調子が悪くくすみがちなとき、さらに夏場など皮脂の分泌量が多いときなどに使用することで肌を清潔な環境に保つことができます。

デメリットは摩擦が大きい、洗浄力が強く刺激になりやすいこと

それに対してデメリットについてもしっかり把握しておきましょう。最大の注意点はコットンなどで擦って塗付することと、優れた洗浄力を備えているため肌に刺激を与えやすいこと。

 

使い勝手がよいからといって安易に使用していると肌に負担をかけてしまい、かえって肌荒れなどのトラブルを抱えてしまうこともあります。

 

また現代の化粧水に広く求められている保湿効果が期待できない点も覚えておきましょう。

 

こうしたふき取り化粧水の特徴を踏まえたうえで製品を選んでいくことになります。ですから洗浄力と肌との相性のバランスが重要です。

 

ターンオーバーが乱れがちで角質が蓄積しやすい状況になっている方は洗浄力に優れたものがお勧めですが、ターンオーバーが乱れた肌ではたいてい乾燥やバリア機能の低下も進んでいるため、あくまで肌に負担をかけない範囲内で行っていく必要があります。

 

それから他のアイテムとの相性も考慮して選ぶこと。洗浄力が強いクレンジング、洗顔料と併せて使用するとどうしても負担が大きくなりますし、ピーリング効果を備えた化粧品との併用もお勧めできません。

 

こうした点は実際に使ってみないとわからない部分もありますが、使ったときに肌に刺激を感じたり、水分が失われてしまうような感触がする製品は避けたほうがよいでしょう。

 

また使用後にはすぐに保湿ケアを行う必要があるので保湿化粧水との併用も意識して選んでいくことも必要です。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>