ふき取り化粧水の効果と上手な選び方とは?

コットンを使って肌をふき取るようにして使うふき取り化粧水

皮脂や古い角質を除去しながら肌を整えていくことができる

化粧水の中では少々特殊なタイプに分類されるもので、しかも賛否両論が多い微妙な面も持ち合わせています。

 

それだけにメリットとデメリットの両方を踏まえたうえで賢く活用していく工夫が求められます。

 

ふき取り化粧水とは洗顔やクレンジングで落としきれなかった汚れやメイク、皮脂や古い角質を除去しながら肌を整えていくことができる点が最大の特徴です。

 

ですから洗顔とクレンジングを補う役割も備えており、さらに肌環境そのものを改善させる効果も期待できます。

 

たとえば古い角質を除去するとともにターンオーバーを活性化させる効果も期待できます。

 

古い角質が蓄積してくすみや肌のゴワつきが気になっている方はふき取り化粧水を使用することで透明感とキメを改善していくこともできるわけです。

 

この古い角質の除去とターンオーバーの活性化ではピーリング化粧品も同じ効果が期待できますが、こちらは肌への刺激が強く敏感肌や乾燥肌の方にはあまり適さない面もあります。

 

それに対してふき取り化粧水はピーリング化粧水に比べると刺激が少ないのでより使いやすく、日々の生活で使いやすくなっています。

デメリットは拭き取りの際の摩擦。使うコットンにもこだわりたい

しかも古い角質や皮脂を除去することで美容液の浸透性がアップし、スキンケア全体の効率をアップさせることもできます。

 

このようにさまざまなメリットを備えたふき取り化粧水ですが、じつは現在のスキンケア業界ではあまり評価されていない面もあります。

 

それは最大のデメリット、使う際に肌に摩擦の刺激を与えてしまう点が大きなマイナスイメージになってしまっているのが理由です。

 

現代のスキンケアではいかに肌に負担をかけずにケアしていけるかが評価の重要なポイントとなっており、ふき取り化粧水はこの点で不利な扱いを受けてしまっているのです。

 

オールインワン化粧品が人気を得ている点からも使用する際の摩擦の刺激がどれだけ敬遠されているかがうかがえます。

 

ですからふき取り化粧水を選ぶ場合には肌に負担をかけずに使用できるものを選ぶことが第一です。

 

できるだけ低刺激のものを選ぶのはもちろん、使うコットンにもこだわりましょう。

 

柔らかめのコットンで摩擦の刺激を最小限に抑えることでデメリットを軽減することができるはずです。また毎日使うのではなく、肌環境に合わせて適度な頻度で使うようにすればデメリットを抑えつつメリットを活かせます。

 

どれぐらいの頻度で使えばよいのか、その頻度が自分に肌の状態に合っているのかも踏まえながら製品を選んでみてはいかがでしょうか。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>