敏感肌でも安心?無添加化粧水の選び方

スキンケアの世界では「無添加」という言葉がよく使用されます。

無添加化粧品という言葉にははっきりとした定義がない

安全性が高く、敏感肌や乾燥肌といった刺激に敏感な方でも安心して使用できることをアピールする材料として重宝されている面があります。

 

ただその一方でイメージばかりが先走りしている面もあるだけに、実際に無添加のスキンケア製品を選ぶ場合には注意が必要です。

 

とくに化粧水は洗顔の後、肌が敏感になっている状態に使うアイテムですから、本当に肌に優しいのかどうか、敏感肌が使っても問題がないのかどうか、慎重な判断が求められます。

 

この点は「そもそも無添加とは何か?」という基本的な問題からはじまります。

 

じつは無添加化粧品という言葉にははっきりとした定義がなく、それぞれのメーカーが独自の基準で設定・定義づけている部分があるのです。

 

ですから無添加化粧水を選ぶ場合には具体的に「何が無添加なのか」をはっきりさせたうえで比較検討していくことが大事です。

 

無添加の定義としてもっとも多くのメーカーが採用しているのが薬事法に基づいて肌荒れを起こす可能性があると指定されている成分が使用されていないことです。

 

これらの成分は「旧表示指定成分」とも呼ばれており、合計で102種類があります。この定義がもっとも安全性が高く、信頼できるものといえるでしょう。

 

もうひとつ多く見られ、また注意が必要なのか特定の成分や物質を使用していないタイプです。

添加物だけに目を向けずに安全性や刺激を確認

その中でもよく見られるのが防腐剤、石油系合成界面活性剤、合成香料、合成着色料などです。

 

これらは肌に負担をかける恐れがある添加物としてよく扱われ、無添加を名のっていない化粧品でも安全性を強調する材料として使われています。

 

敏感肌にとってこれらの物質はもっとも注意すべきものであるのは事実で、使われていないのは大きなメリットなのは間違いありません。

 

ただだからといって必ずしも安心して使えるかとなるとそうではなく、刺激が強かったり、アレルゲンとなる物質が含まれている可能性があります。

 

ですから無添加化粧水を選ぶ場合にはできるだけ厳密な意味で肌に負担になる成分が使用されていないものを選ぶ、そのうえで低刺激かどうかをチェックすることが大事です。

 

敏感肌の場合、旧表示指定成分が含まれていない場合でも刺激が強いケースもありますから、添加物だけに目を向けずに安全性や刺激を確認することも必要でしょう。

 

これまで使ってきて肌に合わなかった化粧品に含まれている成分を確認し、それができるだけ配合されていないものを選ぶのも安全な製品をピックアップしていくうえでの大事な基準になるのでおすすめです。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>