50代にはどのような美容成分が必要なのでしょうか?

老化がかなり進行している50代の肌はスキンケアで目立った効果を挙げるのが難しくなります。また、バリア機能が低下していることもあって刺激が強いスキンケア製品を使用するとかえって肌環境が悪化してしまう恐れもあります。そうしたこともあり、50代では美容成分を厳選し、じっくりとケアしていけるものを選んでいくことが大事です。

50代になると減少してしまうセラミドを40代までにも増して補ってあげることが大切

50代の美容成分

そんな50代に必要な美容成分の筆頭はセラミドです。世代を通してエイジングケアに欠かせない成分ですが、50代になると量が減少してしまうため40代までにも増してしっかり補っていくことが大事なのです。この点は老化による生成量の低下はもちろん、更年期の影響による減少も深く関わっています。

 

なお、セラミドに関しては脂溶性なので乳液やクリームといった油分が多いアイテムの方が浸透しやすいこと、原材料によって異なるセラミドの種類のうちヒト型セラミドがもっとも高い効果が期待できることなどが重要な点です。

 

なお、バリア機能の低下で刺激に敏感になってしまっている方にはこんにゃく由来の植物セラミドも選択肢として挙げられます。この点は自分の肌環境をよく考慮したうえで使用するセラミドの種類やアイテムを検討するべきでしょう。

ビタミンCやレチノールなどの美容成分でコラーゲンを体内で生成させる対策も重要

50代の美容成分

それからコラーゲンの生成を促す美容成分も50代のケアでは非常に大きな意味を持ちます。たるみが急速に進むようになる50代では真皮層のコラーゲンの減少が大きな問題となります。スキンケア製品で肌に直接コラーゲンを補っても真皮層にまでは届かないため、体内で生成量を増やす対策が欠かせないのです。

 

コラーゲンは線維芽細胞と呼ばれる部分で作られるため、この細胞を刺激して活性化させるビタミンCレチノールビタミンEフラーレンといった美容成分がおススメです。

 

あとはターンオーバーの活性化でシミやシワ対策に役立つプラセンタエキスEGF、シミに悩まされている方はアルブチントラネキサム酸といった美白成分も挙げられるでしょう。これらを肌に負担をかけずにいかにうまく補っていけるか、50代のケアを左右する大事なポイントとなるでしょう。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>