なぜシミやたるみができてしまうのでしょうか?

年齢を重ねると悩みの種となる肌トラブルの代表格がシミとたるみです。とくに50代になるとどちらの悩みもまったくないという人はほとんどおらず、これらの対策がエイジングケアにおける重要なポイントともなっています。そんな対策を適切な形で行っていくためにはそれぞれの原因をしっかり把握しておくことが大事です。

バリア機能の低下でメラニン色素が増え、ターンオーバーの乱れで排出できなくなるためシミができる

シミたるみの原因

まずシミの原因はメラニン色素の沈着によるものです。紫外線を浴びると増加することで有名なメラニン色素ですが、実際には肌に刺激が生じた際に保護するために増加するものです。そのため刺激に敏感になった50代の肌ともなると日々のスキンケアなどちょっとした刺激でメラニン色素が増加しやすく、シミのリスクが高まります

 

さらにターンオーバーの乱れも大きな問題です。若くターンオーバーが活発な肌はメラニン色素の量が増えてもすぐに排出されて沈着を起こすことはありません。しかし加齢とともにターンオーバーの周期が遅くなると肌に留まったメラニン色素がそのまま沈着を起こしてシミになってしまうのです。

 

バリア機能の低下でメラニン色素が増えやすくなり、ターンオーバーの乱れで排出されにくくなる。この2つの理由でシミができやすい環境が進行していくわけです。

顔全体のたるみや深いシワは真皮層の衰えが原因

シミたるみの原因

一方たるみは肌の老化によるハリの低下が最大の原因です。年齢を重ねるとセラミド、コラーゲンヒアルロン酸といった保湿成分が減少していくことは広く知られています。それが肌のハリを低下させてたるみやシワの原因となるわけですが、もうひとつ重要なのが真皮層においてコラーゲンとエラスチンが減少してしまうことです。

 

この線維状をしている2つの成分は真皮層で網の目のように張り巡らされており、肌全体を支えています。

 

若い頃はこの網の目がしっかりと機能して肌を支えているのですが、加齢によって生成量が減少していくにつれて緩んでいき、肌を支える力も低下していきます。顔全体のたるみや深いシワはこの真皮層の衰えが原因です。

 

なお真皮層のコラーゲンとエラスチンはバリア機能が低下していると紫外線のダメージによって破壊されてしまうこともあります。
こうしたシミとたるみの原因を知った上で保湿対策やバリア機能の改善、ターンオーバーの活性化といった適切なケアを行っていくようにしましょう。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>