50代はどのような方法でエイジングケアしたらいいのでしょうか?

50代のエイジングケアは40代までとはいくつかの面で異なります。すでに老化がかなり進行していますから、40代までのように若々しさを維持するのよりもこれ以上老化が進まないよう注意しつつ、現在抱えている老化のトラブルをケアしていくことがメインになります。そのため現在自分がどのようなトラブルを抱えているかによってエイジングケアの方法にも違いが出てきます。

50代のエイジングケアではセラミドと相性がいい乳液とクリームをうまく活用できるかがポイント

50代のエイジングケア

まず基本としては保湿対策をしっかり行える環境を心がけましょう。50代に限らずエイジングケアでは保湿が重要ですが、50代ではその比重がさらに高まります。

 

40代までは老化の原因となる活性酸素を抑制する抗酸化対策もエイジングケアの重要な柱となっていますが、50代に入ったら保湿対策と抗酸化対策のバランスを前者に大きく傾ける必要が出てくるのです。

 

これはかなり老化が進行しているので抗酸化対策の効果が限定されてしまうだけでなく、乾燥が急速に加速していくことで老化が進みやすくなるのが大きな理由です。

 

ただし、50代の肌は毛穴の柔軟性が失われていたり、保湿力が低下しているなどの理由でスキンケア製品に含まれている有効成分が十分に浸透しにくい状態に陥っています。ですからできるだけ浸透力に優れたスキンケア製品を選ぶのはもちろん、乳液、クリームでしっかりフタをして蒸発しないよう心がけることも大事です。

 

乳液とクリームはセラミドとの相性がよいため、50代のエイジングケアではこの2つのアイテムをいかにうまく活用できるかも大事なポイントとなるでしょう。

50代ではターンオーバーの活性化でシミやくすみを対策する

それからターンオーバーの活性化。抗酸化対策よりもこちらの方を重視してスキンケア製品に含まれている有効成分をチェックしていきましょう。通常28日と言われるターンオーバーの周期は50代になると50日を越えてしまうと言われています。

 

それがシミやシワなどの原因となりますから、プラセンタエキスEGFといったターンオーバーの活性化に効果がある美容成分をうまく補ってみましょう。

 

こうした基本的なエイジングケアに加えてシミ対策に美白化粧品、ハリ対策にコラーゲンの生成を促す化粧品などを取り入れてみましょう。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>