50代のニキビ肌はどのような方法でスキンケアしたらいいのでしょうか?

ニキビ肌に悩まされている50代の方はまずニキビができやすい自分の肌環境をよく把握したうえで適切な対策方法を検討していくことが大事です。年齢を重ねるにつれてニキビはできにくくなるのが一般的です。

 

とくに50代でニキビに悩まされるケースは少ないため、ニキビ肌用のスキンケア製品を探すよりもまずどうしてニキビ肌になってしまっているのか、できるだけ詳しく確認しておくことが大事になってきます。

50代のニキビ肌改善にはスキンケアだけではなく生活習慣の見直しも大切

50代のニキビ肌

まず皮脂の分泌量。皮脂分泌は30代から減少していきます。ですから毛穴の詰まりによるニキビはできにくくなるわけですが、何らかの原因で皮脂分泌が活発な状態が維持されている可能性もあります。50代で注意したいのはストレスと食生活です。

 

家庭の事情や体調不良、将来への不安など精神的なストレスを抱えやすい年齢でもあるため、ストレスの蓄積が皮脂分泌を増やしてしまっている可能性もあります。また糖分・脂分が多い食生活も皮脂分泌を増やす大きな要因です。スキンケアの前にこうした生活習慣の見直しを行ってみましょう。

保湿対策と殺菌・抗炎症対策を組み合わせて行っていくことがニキビ肌対策の最大のポイント

50代のニキビ肌

スキンケアでは逆に乾燥とバリア機能の改善をうまく行っていけるかどうかが重要なポイントです。とくに乾燥肌・敏感肌が進んでいる方は保湿対策と殺菌・抗炎症対策をうまく組み合わせて行っていくことがニキビ肌対策の最大のポイントとなります。

 

乾燥が加速するとバリア機能が低下し、雑菌が繁殖して炎症を起こしやすい環境になります。さらに肌がカサカサに乾燥していると毛穴の柔軟性が失われてしまい、皮脂や角質が毛穴に詰まりやすい状態になります。しかも毛穴が狭く硬くなってしまっているのでスキンケア製品に含まれる有効成分が浸透しにくいという問題も生じます。

 

こうしたバリア機能の低下と毛穴のトラブルを保湿対策で補った上でサリチル酸などの殺菌成分、グリチルリチン酸ジカリウムハトムギエキスといった抗炎症成分をスキンケアに採り入れることでニキビ肌を改善へと導くことができるでしょう。なお、皮脂の分泌量が多いために毛穴が詰まりやすい状態に陥っている場合にはビタミンCビタミンB2B6といった皮脂分泌を調節する効果を持つ美容成分をうまく補っていく方法がおススメです。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>