50代のフェンデーション選びをする際のポイントとはどんなところでしょうか?

50代のファンデーション選びではシミやシワなどの悩みをしっかりとカバーできる点肌に負担をかけずに使用できる点の両方を踏まえておくことが大事です。

 

50代になって肌トラブルをまったく抱えていない人はいないでしょうから、うまくカバーすることが重要になってくるわけですが、その一方であまりカバー力ばかりを重視してしまうと今度はバリア機能が低下している肌に過度な負担をかけてしまう恐れがあります(※参照:50代のファンデーション)。

50代の肌には薄くつけながらもしっかりとカバーできるパウダータイプがオススメ

50代のファンデーション

そんな難しい50代におけるファンデーション選びの基本となるのが厚塗りにならず薄塗りですませることができることです。

 

とくにシミが目立つ場合にはどうしてもカバーしようと厚塗りになってしまいやすく、それが厚化粧で不自然に見せてしまうだけに留まらず肌に負担をかけてしまう原因となります。薄くつけながらもしっかりとカバーできる製品を選びましょう。

 

おススメはパウダータイプ。リキッドタイプに比べるとカバー力に落ちると言われるパウダータイプですが、薄くつけながら違和感なくカバーできるメリットがあります。近年では薄付きで気になる部分をうまくカバーできるパウダーの粒子が細かい製品も登場しているのでこうしたタイプの製品の中から選んでいくとよいでしょう。

50代の刺激に敏感な肌には低刺激なファンデーションを選ぶ

また、50代になるとターンオーバーの低下もあって皮膚が薄くなっていきます。厚塗りをしなくてもちょっとした刺激で肌に負担をかけてしまうこともありますから、低刺激な製品を選ぶことも大事です。

 

とくにファンデーションの場合は防腐剤をはじめとした添加物が含まれていることが多いので要注意、この点ではミネラルファンデーションがおススメです。

 

カバー力は少々劣りますが、50代ですべての悩みをファンデーションでカバーするのは難しい面もありますから、自分の肌と相談したうえでカバー力をとるか、低刺激をとるか、自分なりによい意味で妥協できるラインを決めてみましょう。

 

乾燥や敏感肌が気になる方は保湿成分が配合されたファンデーションもおススメです。保湿成分はあくまで美容液や乳液・クリームでの補充が第一ですが、それにプラスアルファできるファンデーションで乾燥やバリア機能のの低下の改善を目指してみるのもよいでしょう。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>