50代の基礎化粧品選びをする際のポイントとはどんなところでしょうか?

50代の基礎化粧品選びではまず肌に余計な負担をかけないことが大前提です。老化の影響で保湿力やバリア機能がかなり低下していることが多く、刺激の強い製品を使用してしまうとメリットよりもデメリットの方が大きくなってしまう恐れがあります。

50代の肌にはセラミドやコラーゲンを基礎化粧品で補うことが大切

50代の基礎化粧品

ですからまず合成界面活性剤や防腐剤、合成香料・着色料といった肌に負担をかける恐れがある添加物がなるべく含まれていないものを選びましょう。

 

また、50代で乾燥肌・敏感肌が進行している方は摩擦による刺激が蓄積することで肌トラブルの原因になってしまうことも多いためオールインワン化粧品など負担を減らすことを意識した製品選びも意識してみましょう。

 

そのうえで50代が抱えやすいトラブルに効果が期待できる基礎化粧品を選んでいくことになります。まずはセラミドをしっかり補えるかどうか。

 

30歳前後から減少をはじめるセラミドは50代になるとピークの3分の1〜4分の1程度まで減少してしまうといわれています。ですからセラミドをしっかり補える製品が求められます。

 

おススメは乳液・クリームでの補充です。もともと脂溶性のセラミドは油分が多いこれらのアイテムと相性がよく、また油分で皮膚の表面にフタをすることで補った有効成分が蒸発して失われるのを防ぐこともできます。エイジングケアというとどうしても化粧水と美容液に意識が向いてしまうものですが、50代では保湿の観点からも乳液・クリームにこだわりたいところです。

50代ではビタミンC誘導体でコラーゲン生成サポートを促す

それからビタミンC誘導体をうまく補える製品を選ぶこと。老化の原因となる活性酸素を防ぐ抗酸化作用で知られる美容成分ですが、50代ではそれにプラスしてコラーゲンの生成を促す効果が非常に重要です。

 

加齢によって真皮層のコラーゲンが減少することでシワ、たるみといったトラブルが起こりやすくなるため、50代のケアではコラーゲンを増やす対策が欠かせないからです。

 

ビタミンCはもともと浸透性に問題があるため、ビタミンC誘導体の中でもとくに浸透性に優れたタイプを選んでみましょう。こうした基本を踏まえて選ぶことで肌に負担をかけずに50代の肌が抱えやすいトラブルの予防・改善をうまく行っていけるはずです。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>