50代ではオールインワンよりライン使いの方がいい?

50代になるとどのようなスキンケア製品を使用すれがよいのか、選択が難しくなってくる面もあります。40代の場合はオールインワンがもっとも適しているといわれています。1本で一通りのスキンケアができるため、単品を使用するよりも肌への摩擦が少なくいたわりながらケアしていくことができるからです。しかし50代に入ると少々状況が異なってきます(参照:50代で使ってみたいオールインワン化粧品)。

オールインワンでは50代の肌への刺激は少ないが1つずつ効果は劣ってしまう

50代化粧水オールインワン

オールインワンの1本で一通りのケアができるメリットは一方ではひとつひとつの効果が単品を使用するよりも劣るというデメリットも抱えています。
そのため肌の衰えが進み、さまざまなトラブルを抱えるようになった50代の肌には十分な効果が得られないケースも出てくるのです

 

肌に優しいのはよいのですが、肝心のケアが行き届かないでは本末転倒ですから、この点に重々注意したうえで50代を迎えた自分にオールインワンが適切な選択肢なのかどうかを選択していく必要があるわけです。

 

そんな難しい50代のケアではオールインワンよりもライン使いの方が適しているとの意見もあります。ライン使いとオールインワンの違いや50代の肌との適性を踏まえたうえでよく比較検討してみましょう。

同メーカーのライン使いは効果を最大限に得られるメリットがあるが摩擦の負担もある

同じメーカーのシリーズを使用するライン使いのメリットは特定の目的に対して最大限の効果を得ることができる点です。そのシリーズの売りである効果をライン使いの相乗効果によって高めることができます。

 

ですからシミやシワ、たるみといった特定の悩みを抱えている場合にはそのトラブルに優れた効果を発揮するシリーズをライン使いした方が高い効果が期待できるわけです

 

また、別々のメーカーの製品をそれぞれ使用する場合に比べてライン使いでは肌への刺激も最小限に抑えることができます。シリーズでは共通した成分や処方が導入されていることが多いからです。スキンケア製品は基本的に配合されている成分が多ければ多いほど刺激が強くなるため、配合される成分が絞られるライン使いの方が低刺激で済むのです。

 

またそれぞれの製品の肌との相性を気にせずに済むのも大きな魅力となるでしょう。こうしたメリットは50代のスキンケアにとって大きな意味を持つはずです。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>