50代の肌に優しいクレンジングと洗顔の方法は?

肌の衰えがすでにかなり進行している50代のスキンケアではとにかくできるだけ刺激を与えないようにすることが大事です。それだけにクレンジングと洗顔には注意が必要で、肌をいたわりながらもしっかりメイクと汚れを落としていく工夫が求められます

50代では低刺激なクレンジング剤を使う

50代化粧水オールインワン

まず低刺激の製品を選ぶこと。とくにクレンジングはクレンジングオイルではなくクリームタイプやミルクタイプを選びましょう。クレンジング剤は刺激が少なくなるほど洗浄力が落ちる傾向がありますから、50代では低刺激のクレンジングでもしっかり落とせる範囲でメイクを行う工夫も大事です

 

50代にもなるとシワやシミを何とか隠したいと意識するあまりファンデーションが厚塗りになったり、毛穴にしっかりと塗りこめてしまうケースも多いため、まずはシンプルなメイク環境を心がけることが大事です。

 

クレンジングが必要なのかどうかの見極めもしておきましょう。クレンジングはメイクを落とすのに重要な役割を担うものの、洗顔とは異なり必ずしも必要というわけではありません。極端な話メイクをしなければ必要ないものですし、洗顔料でメイクが落とせる場合も必要ではなくなります。

 

現在ではクレンジング効果を備えた洗顔料も発売されていますから、年齢を重ねた50代ではできるだけ肌に刺激をもたらす回数を減らす工夫も行っていきたいところです。ただし、クレンジング効果を備えた洗顔料の中にはかえって刺激が強く肌に負担をかけてしまう製品もありますから、その辺りの見極めもしっかりと行っておきたいところです。

50代でクレンジング・洗顔料を選ぶ時は保湿対策も行えるか確認

それから保湿対策。50代の肌は単に刺激に敏感になっているだけでなく、水分の減少と乾燥の進行も大きな問題となります。

 

30歳前後を境目に角質層に含まれているコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった保湿成分が減少していきますが、50代にもなるとその含有量が20代の半分〜3分の1くらいにまで減っています。その分バリア機能も低下して刺激に敏感な状態になっていますから、化粧水や美容液だけでなくクレンジング剤・洗顔料でも保湿成分を補うことも考慮しておきましょう。

 

そのうえでよく泡立てて強くこすらないようにする、洗った後は化粧水でフタをするといった基本的なポイントを踏まえておけば肌をいたわりながらメイクと汚れをしっかり落としていくことができるはずです。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>