プチプラ化粧水と高級化粧水の違いとは?

化粧水をはじめとしたスキンケア製品ではしばらくの間高級志向が続いていました。最新の有効成分を配合し、優れた効果と安全性を兼ね備えた高級な製品が人気を集める傾向が強かったのです。

高級化粧水とプチプラの値段の違いは配合成分の種類の違い

50代化粧水

美容のためなら、若々しさを維持するためなら少々の出費をいとわない、という客層をターゲットにした製品が続々と売り出されました。

 

しかし近年ではその反動のように「プチプラ化粧水」と呼ばれる安価で購入できる製品の人気が高まっています。純粋に価格が安いだけでなく優れた効果も得られることで若い世代はもちろん、エイジングケアにも活用される機会が増えています

 

そうなるとプチプラ化粧水と高級化粧水のどちらがよいのか、そもそも何が違うのか、という疑問も出てきます。どちらが自分にとって良い選択肢なのかを知るためには価格の違いだけでなく内容についても詳しく知っておく必要がありそうです。

 

最大の違いは配合成分にあります。まず高級化粧水の方が純粋に配合されている成分の種類が多いこと

 

そのため保湿効果や美白効果、抗酸化作用などさまざまな効果が期待できます。それに対してプチプラ化粧水は成分の種類が少なくシンプルな内容です。また、高級化粧水は最新の研究に基づく独自成分が配合されるケースが多いのに対し、プチプラ化粧水はすでに広く知られた成分がよく使用されます。

多くの成分が配合されていても、すべてが効果を発揮するわけではない

50代化粧水

こうして配合成分の違いを並べると高級化粧水の方がよいように思えますが、必ずしもそうとは限りません。幅広い効果を備えていても必ずしもそのすべてが期待した効果を発揮するとは限りませんし、そもそも必要ない場合もあります。

 

また配合成分が少なくシンプルな製品はその分肌への刺激も少なく、敏感肌・乾燥肌の方にはむしろプチプラ化粧水の方があっている面もあるのです。またすでによく知られた成分はそれだけ確実な効果が期待できますから、効果が劣るというわけでは必ずしもありません。

 

有効成分の配合量などでも違いが見られ、総合的に見れば高級化粧水の方が優れているのは確かです。しかしコストを気にせずぜいたくに利用できる点、先述したように肌への刺激が少ない点などプチプラ化粧水にも見逃せないメリットが多数あります。こうした両者の違いとそれぞれのメリット・デメリットをよく比較検討したうえで判断するようにしましょう。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>