肌に刺激を与えやすい化粧水の添加物

化粧水に限らずスキンケア製品を選ぶ際に重要な注意点となるのが添加物の存在です。とりわけ化粧水の場合は洗顔後の敏感な肌に直接塗付するだけに注意して選んでいかなければなりません。

コストの都合以外に見栄えや香りのために添加物が配合されることがある

50代化粧水

スキンケア製品は製造過程において添加物を必要とする場合もあります。ただ、どうしても必要な場合以外でもコストの都合で、あるいは単に製品の見栄えや香りを良くするために使用するケースもあります。

 

こうした添加物の中には肌に不要な負担を与えてしまうものも多いため、製品選びの際には十分に注意しなければならないのです。

 

化粧水の添加物の中でもとくに肌に刺激を与えやすいのは合成界面活性剤です。界面活性剤とは水分と油分を混ぜ合わせるために使用するものですが、製造コストなどの関係で化学的に合成して作られたものが使用されることもあります。

 

とくに石油系の合成界面活性剤は人体のみならず環境にも悪影響を及ぼすことが指摘されています。現在では少なくなっているものの、安価な製品に含まれているケースもあるのでまず第一に注意しておきたいポイントです。

品質の維持のために防腐剤が入っているものは多い

50代化粧水

それから防腐剤。化粧水の添加物の中ではもっとも注意が必要なものかもしれません。

 

防腐剤はその名の通り腐敗・劣化するのを防ぐももので、化粧水の品質を維持するうえで重要な役割を担っています。とくにたくさんの有効成分を配合している製品の場合は品質を維持する上で防腐剤がどうしても必要になってくることが多いのです。

 

そのため絶対に避けたほうがよい、というわけではありませんが、肌への負担が気になる方、敏感肌の方はできれば使われていないものを選ぶべきでしょう。

 

それから合成香料と合成着色料。どちらも製品の見栄えや香りをよくするためで化粧水の本来の役割とは関係ないので避けましょう

 

そしてもうひとつ、厳密には添加物とはいえないかもしれませんが、アルコール(エタノール)も要注意。収れん効果を備えている一方、水分を蒸発させてしまう作用もあるので乾燥肌・敏感肌の方は避けたほうが無難です。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>