化粧水を選ぶ時に注目したいアンチエイジング成分

化粧水にさまざまな成分が配合されるようになったことで効果や目的も幅広くなっています。

 

かつては収れん効果と保湿効果が大半を占めていましたが、現在ではアンチエイジングに役立つ成分も増えています。

化粧水選びではハリや弾力を支えるコラーゲンとエラスチンの生成を助ける成分を

50代化粧水

ではエイジングケアに化粧水を役立てていく際にはどういったアンチエイジング成分に着目すればよいのでしょうか。

 

まず重視したいのはコラーゲンとエラスチンの生成を促す成分です。

 

肌のハリ・弾力の低下やたるみ、シワといったトラブルは真皮層においてこの2つの成分が減少することによって生じます

 

肌を支えているこれらの成分が不足することで肌がたるむようになっていくのです。この問題を改善するためにはコラーゲンやエラスチンを直接補うよりも体内での生成を促した方が効果的とされています。

 

このコラーゲンとエラスチンを作り出しているのは繊維芽細胞という部分なのですが、この細胞を活性化させることで生成を促す効果を備えた成分がいくつかあります。

 

ビタミンC誘導体、レチノール、ビタミンE、フラーレン、FGFなどです。

 

これらはいずれもアンチエイジング成分として有名ですが、ハリの低下やたるみに悩まされている方にとってはとくに重要な選択肢となるでしょう。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

くすみや透明感の低下にはターンオーバーの活性化成分入りの化粧水もおすすめ

50代化粧水

一方表面のくすみや透明感の低下、シミといった悩みを抱えている方は角質細胞の活動とターンオーバーを活性化させる効果を備えた成分がオススメです。

 

これらの効果によって古くなった肌と新しい肌の入れ替わりを促し、若々しく健康な肌を取り戻す効果が期待できます。

 

こちらの点でもビタミンC誘導体が役立つほか、EGF、プラセンタエキスなどのアンチエイジング成分もオススメです。

 

あとは老化の元凶とされる活性酸素を抑制する効果を備えた成分。

 

一般に抗酸化成分と呼ばれるものの大半が当てはまりますが、すでに挙げた成分以外ではアスタキサンチン、コエンザイムQ10、フラボノイドなどが該当します。

 

これらの成分の中から自分の目的に合ったものが配合された化粧水を選ぶことで日々のエイジングケアに役立てていくことができるでしょう。

50代で選びたい化粧水口コミ人気ランキング

まるで美容液さながら最高級ローション

B.A ローション

ポーラ最高峰ブランドB.Aシリーズの、美容液並のエイジングケア成分を配合した化粧水B.A ローション

 

とろみがあるので浸透までに時間が掛かるかなと心配でしたが、塗り広げたそばからグングン浸透。必要以上にハンドプレスをしなくても肌にふっくら感が生まれます。

 

肌がキュッと引き締まり、ツヤが出て手触りもしっとり。それでいてべたつかず不快感はありません。すでに進行してしまったエイジングサインに立ち向かいたいなら断然選びたい化粧水です。

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>