敏感肌の上手な化粧水の選び方

敏感肌と化粧水は非常に微妙な関係にあります。

 

敏感肌の方は刺激に弱くなっているのでスキンケアそのものが思うようにできない環境にあります。

 

ですから化粧水もできるだけ低刺激なものを選ぶ必要があるわけですが、一方では化粧水の効果で敏感肌を改善することで美容液や乳液を使いやすい状態にすることができるかどうかがスキンケアにおける重要なポイントともなってくるからです。

敏感肌の化粧水選びでは低刺激かつ肌の改善効果のある化粧水を

50代化粧水

ですから、あくまで低刺激なものを選ぶ一方、敏感肌の改善に役立てるような積極的な効果が期待できるものを選んでいく姿勢も求められるわけです。

 

低刺激ばかりを重視すると最低限の効果しか得られず、積極的な効果を重視すると肌に負担がかかってしまう恐れがある。

 

そんな難しく微妙なバランスのなかで自分に合った化粧水を選んでいくことになるわけです。

 

まず肌への負担を最小限に抑えるためにも余計な添加物が含まれていないものを選びましょう。

 

現在出回っている化粧水では少なくなっていますが、合成界面活性剤や合成香料、着色料、防腐剤といった肌に刺激をもたらす可能性がある添加物が含まれた製品は選ばないようにすること。

 

これが大前提となります。

 

また、シンプルなケアを心がけること。

 

さまざまな有効成分が配合された化粧水が増えていますが、スキンケア製品は配合されている有効成分の数が増えれば増えるほど刺激が強くなる傾向があります。

 

最小限の配合成分で最大限の効果を得られる製品を探していきましょう。

敏感肌の人は最低限必要な効果を発揮する化粧水に絞る

50代化粧水

そのためには目的を絞り込むことが大事です。

 

あの効果もこの効果も欲しい、ではなく、自分の敏感肌を改善するために必要な効果に絞り込むわけです。

 

保湿効果が最優先ですが、肌荒れを改善する殺菌成分や老化を防ぐ抗酸化作用なども候補に挙がります。

 

加齢や炎症など何が原因で敏感肌になっているのかをよく考えた上で選んでいきたいところです。

 

オススメなのがプチプラと呼ばれる化粧水。ひとつの主成分で成り立っている成分が多く肌への負担が少ないほか、低価格なので贅沢に使用できるメリットもあります。

 

まずは肌質との相性を最優先、その上で自分が期待する効果が得られる製品を選んでいきましょう。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

エイジングケアを諦めた敏感肌に

敏感肌のためのエイジングケアがコンセプトの敏感肌専用化粧水アヤナス ローション コンセントレート

 

とろみがありますが、肌にスッと馴染んで、素早く浸透。すぐにサラサラになります。クッションのような厚みのある液体で、顔全体に優しく塗り広げられ、摩擦も感じにくいです。

 

キメが整ってきたのか、何となくザラザラしていた肌触りがだいぶ改善されました。敏感肌専用というだけあって刺激もなく優しい使い心地。まさに敏感肌のためのエイジングケア化粧品だと思いました。

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>