年齢によって化粧水は変えた方が良いのですか?

化粧水は洗顔後に最初に使用するスキンケア製品です。それだけに肌との相性がもっとも重視されるスキンケア製品ともいえます。敏感になっている肌に刺激が強い化粧水を使ってしまうとダメージが大きくなってしまうなどの問題が出てくるからです。

どの年代も自分の肌環境に合った化粧水を選ぶことが大切

年齢ごとに使いたい化粧水

化粧水は洗顔後の肌環境を整え、その後の美容液の効果を高める役割を持っているわけですから、肌の状態をよく見極めたうえで適切な製品を使う配慮が欠かせません。

 

年齢を重ねると老化の影響で肌環境が変化していくわけですから、その変化に合わせて化粧水を切り替えていく工夫もした方がよいでしょう。

 

ただ注意したいのは「30代になったらこの化粧水」「40代に入ったらこの化粧水に切り替えた方が良い」など厳密に考えるのではなく、あくまで自分の肌環境の変化を踏まえて選んでいくことです。

 

よく「30代にオススメの化粧水」といった情報がネット上でも見られますが、それはあくまで平均的な30代の肌に合った化粧水を取り上げているものであって、すべての30代の肌に向いているとは限らないのです。

 

年齢によって化粧水を変えるポイントは洗顔後の肌の状態です。30代を過ぎると角質層から保湿成分が減少していくことで乾燥が進んでいくため、洗顔後に肌が突っ張ったり、かさつきを感じる機会が出てくることが多くなります。

 

これはバリア機能が低下している証拠でもあるため、化粧水はより低刺激で保湿力に優れたものが求められるようになります。

30代を過ぎたらできるだけ添加物が使われていない化粧水を

年齢ごとに使いたい化粧水

化粧水の段階で乾燥とバリア機能をしっかり整えておかないと美容液が刺激になって肌環境をますます悪化させてしまう恐れも出てくるのです。

 

刺激に関しては含まれている添加物が大きな影響を及ぼすため、30代を過ぎたらできるだけ添加物が使われていないものを選びましょう。石油系合成界面活性剤は当然として、パラベンや合成香料、合成着色料などにも注意したいところです。

 

さらに40代になると乾燥に加えて肌のたるみやシワも気になるようになっていきます。この段階に入ったら肌を引き締める収れん効果も意識して化粧水を切り替えてみましょう

 

肌のたるみは毛穴の開きの原因にもなるので化粧水で肌を引き締めておく対策が大きな意味を持ちます。ただし、エタノールは収れん効果だけでなく水分を蒸発して奪ってしまう効果もあるので年齢肌には避けた方が無難です。

 

40代半ば〜50代にもなるとシミやくすみのトラブルも見られるようになりますから、美白化粧水など特定のトラブルのために作られた化粧水へと切り替える選択肢も出てくるでしょう

 

こうして見ても年齢と肌環境の変化に合わせて化粧水を切り替えていくことがエイジングケアでは重要な意味を持っていることが理解できるのではないでしょうか。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>