化粧水は季節ごとに変えた方がいい?季節ごとのおすすめ化粧水は?

1年中同じ化粧水を使っている人の方が多く、季節ごとに変えるという人は少ないでしょう。ただ年齢を重ねるにつれて気温や湿度、紫外線など外部の影響を受けやすくなるため、エイジングケアを目指す場合には季節ごとに相応しい化粧水を使えるかどうかも重要なポイントとなってきます。

春や夏は化粧水で紫外線対策を!

季節ごとの化粧水

では季節ごとに肌環境にはどのような変化が生じるのでしょうか、そしてその変化が肌に悪影響を及ぼさないためにはどんな化粧水が良いのでしょうか。

 

まず春は保湿と紫外線対策のバランスが非常に重要な時期です。冬に比べると空気の乾燥は和らぐものの、まだまだ乾燥しやすい時期、空気の乾燥だけでなく風が強い、気温の寒暖差が大きいなどの影響で肌が乾燥しやすい環境になります。

 

人によって生活環境の変化によるストレスが肌環境のマイナスをもたらしてしまうこともあるでしょう。さらに4月に入ると紫外線の量が増えてきます。保湿とUVカット効果両方を備えた化粧水がオススメです。

 

夏はなんと言っても紫外線対策。日焼け止めでの対策はもちろんですが、化粧水でも紫外線対策を取り入れてみましょう

 

日焼け止めは効果が高い一方で肌に負担をかけてしまう面もあるため、スキンケアの段階で紫外線をどれだけ防ぐことができるかもエイジングケアの重要なポイントなのです。

 

そして紫外線といえばシミ。シミが気になる方は美白化粧水で美白ケアを行っていくのもひとつの選択肢でしょう。

秋は保湿力を重視した化粧水で乾燥対策を!

季節ごとの化粧水

秋はもっとも過ごしやすく、肌への負担が少ない時期です。それだけに夏に受けたダメージを修復しつつ、基本が低下していく環境に合わせたケアが求められます。

 

夏の間にバリア機能が低下した肌に気温の低下が加わると一気に乾燥してしまうことも多く、洗顔後に化粧水でしっかり肌を整えないと美容液が肌に負担をかけてしまう恐れも出てきます。

 

保湿力を重視しつつ、美白化粧水なども取り入れて乾燥しやすい冬に向けて肌環境を整えていくようにしましょう

 

冬はやはり保湿対策が最大のポイント、加えて血行が悪くなるなどターンオーバーの乱れが起こりやすい時期です。

 

化粧水だけでなく美容液、クリームでも保湿対策をしっかり行ったうえでプラセンタやEGFなどターンオーバーを促す成分が配合された化粧水を取り入れてみるのもオススメです。

 

クリームで油分を補って乾燥を防ぐのも冬場のケアでは重要になるため、肌のベタつきを避けるためにも化粧水はさっぱりしたものを選びましょう。

 

季節ごとに化粧水を変えると使い切るのが難しいといった問題点も出てきますが、うまくムダを避けながら季節ごとにあった化粧水で適切なケア環境を整えてみてはいかがでしょうか。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>