化粧水をつける時は手?コットン?どっちがいいの?

化粧水を肌に塗付するときには手を使うべきか、コットンを使うべきか?どちらも賛否両論、「こちらの方が絶対に優れている」とは言えない面もあります。それだけにそれぞれのメリット、デメリットをよく踏まえたうえでどちらがよいのか自分で判断する姿勢が求められます。

手で化粧水をつけることで浸透しやすく刺激が軽減できる

化粧水のつけ方

一般的には手の評価の方が優勢です。理由はおもに2つ。

 

まずコットンで肌を擦りながら塗付するよりも刺激が少ないから。これはバリア機能の低下が気になる乾燥肌や年齢肌にとってはとくに大きなポイントでしょう。

 

また肌に手で直接触れながら塗付していくので適量を把握しやすい面もよくメリットとして挙げられます。肌の手触りや感触でもう少し補った方がいい、もう十分など臨機応変に対応できるわけです。

 

もうひとつの理由は浸透しやすい点。化粧水を塗付する際にはいきなり肌につけるのではなく、まず手のひらのうえで少し温めてから塗付した方が浸透しやすいといいます。

 

温めて人の肌に近い温度にすることで馴染みやすくなるからです。また手のひら全体で肌に押し付ける形で塗付するハンドプレスの方法は化粧水の浸透性を高める非常に優れた方法だといわれています。

 

あとはコットンにしみこませて使うとどうしても全部が肌に浸透せずコットンに残ってしまうので無駄が多くなる分、手で使った方が経済的という声もよく聞かれます。

コットンはムラがなく細かいところまでしっかり化粧水をつけられる

化粧水のつけ方

こうして見ても化粧水をつける選択肢としては手の方が優れているように見えます。ただメリットばかりではなく無視できないデメリットもあります。

 

まずムラになりやすい点。肌全体にまんべんなく塗布しやすいコットンに比べて指先でつけていく手はどうしてもムラになりやすいのです。先ほど挙げたハンドプレスはそれを防ぐ良い方法ですが、顔全体をカバーできるわけではないので問題は残ります。

 

また目元や鼻など凹凸があってつけにくい部分にうまく馴染ませるのが難しい面も大きなデメリットでしょう。あと先ほどコットンに比べてムダが少ない点を挙げましたが、必ずしもそうとは言えない面もあり、手からこぼれたり滴ったりして無駄になる分は無視できません。

 

刺激に敏感な方や化粧水で美容成分をしっかり浸透させたい人には手の方が向いている一方、顔全体にムラなくつけて美容液を使う前に肌を整えたい、目元のケアをしっかり行いたいという方にはコットンの方が向いているといえるかもしれません。

 

必要に応じて併用も選択肢に加えつつ自分の肌に向いているのはどちらか、よく検討してみるとよいでしょう。
お試しから始める!50代で使いたい化粧水>>

お試しから始める!50代で使いたい化粧水

B.A ローション

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
更に詳しく見てみる>>

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
更に詳しく見てみる>>

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
更に詳しく見てみる>>