お試しから始める!50代で使いたい化粧水

50代化粧水

プチプラの化粧水をたっぷり使ってクリームで蓋をして…20代30代ではそれで良かったスキンケアも50代になると肌の老化に追いつかなくなってきた。そう感じている方も多いのでは?

 

ただ一方で、手間をかければかける程肌への刺激が強くなって老化を進める原因にもなってしまいます。

 

そこでオススメしたいのが高い美容効果を持った化粧水と乳液(またはクリーム)の組み合わせ。シンプルでも高いエイジングケア効果が期待できます。

 

BAローション

お財布に余裕があれば真っ先に使ってみたい化粧水と言えばなんと言ってもB.Aのローションではないでしょうか。

 

エイジングケアのTopブランドB.Aならではの美容成分がたっぷりと配合されているせいか化粧水らしからぬトロリとしたテクスチャー。が、肌に載せた瞬間グングン浸透してツルツルもっちりに!

 

朝起きて鏡を見た瞬間の(他の化粧水との)違いは一目瞭然でした。一番年齢が出てお疲れ顔の原因となっていた目元、口元がキュッと引き締まって、ハリが生まれるってこういうことか!と納得。

 

私はそれまで使っていた手持ちの乳液と一緒に使ったのですが化粧水一つ変えるだけでここまで違うものなのかと驚きました。

 

ミューノアージュ化粧水

50代で使ってみたい化粧としてはMUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローションもおすすめです。

 

こちらは皮膚科医が開発したドクターズコスメ。衰えてきた肌を再生してくれるとして最近話題となっているEGFを始め7種類のペプチドを配合した化粧水です。

 

こちらもB.Aローション同様トロリしたテクスチャーですがB.Aローション程の浸透力はないのでじっくりハンドプレス。そうすることでじんわりと浸透してくれます。

 

50代化粧水

同じミューノアージュのクリームと一緒に使うことで肌の内側がしっかり潤ってピンとしたハリが生まれます。

 

同じハリでもB.Aローションがもっちりと押し上げるようなハリだったのに比べてこちらはキュッと引き上げられるようなハリです。

 

火傷治療の現場から生まれた化粧品だけあってお肌に非常に優しいのもミューノアージュの特徴。なので、年齢と共に敏感になって使える化粧品が少なくなってきたという方にもおすすめです。

B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水

B.A ローション

透明色でみずみずしいこってりしたテクスチャー。お肌に塗るとあっという間に浸透してもっちりとしたハリが!ここまで即効性を感じられる化粧水は初めてです。今まで使っていた化粧水より浸透が良くて、今までの美容液より美容効果が高い(笑)さすがブラック!お高いだけのことはあります。高いけど使い続けたいと思わせてくれる化粧水です。

7年連続でベストコスメ受賞中のポーラの最高峰高級ブランドB.Aの化粧水。ポーラ独自の保湿成分EGクリアエキスやYACエキスなどを配合することで他には無い高い浸透性と長時間潤う保湿力が大きな特徴です。化粧水だけでふっくらとハリと弾力のある肌、明るく透明感のある肌を実現、高い美容効果を可能にしているのでシンプルケアを目指したいという人にもおすすめです。
60ml 11,800円(朝・夜使用で約50日分) 120ml 21,600円(朝・夜使用で約100日分)
50代化粧水アンケート
トライアルセットから始めてみたい方はこちらから!>>
2週間お試しセット10,800円・税込(B.Aクレンジング・B.Aウォッシュ・B.Aローション・B.Aミルク・B.Aクリーム)

編集部ゆずの感想

B.A ローション

50代でも愛用者の多い、ポーラの最高峰ラインB.A。中でも最も人気のアイテムの一つがB.A ローションです。

 

人気の秘密は高い保湿力とB.Aならではの美容成分をたっぷりと配合することで生まれる化粧水らしからぬ美容効果!

 

実際に使ってみても豊富な美容成分のせいかテクスチャーはかなり濃厚でとろみがあり、まるで美容液のよう。ただし、肌に伸ばした瞬間にグングン浸透してハンドプレスしなくても肌はふっくらモチモチに。

 

ふだんのケアはこちらの化粧水と乳液(またはクリーム)だけと言う人も多いのもうなずける化粧水でした。しっかりケアをしたいがあまり手間はかけたくないという50代の方におすすめです。

 

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

酵母エキスと高潤度ヒアルロン酸がごわついた50代の肌をふっくら柔肌に

F.A.G.E.(エファージュ) モイストチャージ ローション

ベタつかず、サラッとしています。酵母と言ってもお酒っぽい香りがするわけでなく、ハンドプレスでスーッと馴染んでいきます。使い始めはとても濃い感じがして、保湿力は十分すぎるくらいでしたが、今はこの保湿力の高さが堪りません。ほうれい線がひどかったのですが、徐々にうっすらとして肌触りもプニプニしてきました。

サントリーが開発した酵母エキス入りの化粧水。乾燥でごわついた肌をゆるめるメソッド採用で、保湿成分を肌の隅々まで届けてくれ、内側から潤いとハリを改善してくれるのが特徴です。バリア成分も配合されて、吸い付くような肌にしてくれます。乾燥が進みやすく、化粧品の成分が浸透しにくい目元口元に悩む人に特におすすめです。
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)
公式HPへ

編集部アボカドの感想

50代化粧水口コミエファージュ

透明で少しトロッとした美容液みたいなテクスチャー。

 

サラッと広げやすく、指で下から上に持ち上げるように馴染ませていくと、ゴワゴワした肌でもすんなり浸透してくれます。

 

酵母エキスだからちょっと心配したけど、お酒っぽい香りはしない上、柑橘系の爽やかな香りがしました。

 

もっちりとしたハリと言うより、乾燥で固くなった肌を柔らかくほぐしてくれる感じで、手触りもしっとりとなります。

 

柔らかくなったからかその後の美容液も浸透しやすくなって、化粧品を変えなくても、スキンケアの効果を上げる事ができる化粧水だと思いました。

 

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

目元口元にハリを生むドクターズコスメ!50代の乾燥肌・敏感肌の方に

とろみのある化粧水で、洗顔後に手で二度づけしています。加齢でターンオーバーが遅くなっているから、一度ダメージを受けるとなかなか元に戻らなくなっているお肌におすすめです。こちらの化粧水は刺激もなく、何となく肌の調子が良い感じで使い続けていたら乾燥や毛穴、くすみが改善!また、肌荒れをおこすことがなくなりました。

皮膚科医師が開発した低刺激のドクターズコスメ「ミューノアージュ」の化粧水。肌の再生に注目を集めているEGFを含む7種類ものペプチドを贅沢に配合しているのが特徴です。化粧水とクリームだけのシンプルケアでシワ・たるみが発生しやすい目元・口元にしっかりとしたハリを生んでくれるます。50代の特に乾燥肌・敏感肌の方におすすめです。
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
公式HPへ

編集部アボカドの感想

MUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション

日本人の肌に合った7種類のペプチドを配合し、ハリ弾力の低下を改善するドクターズコスメMUNOAGE(ミューノアージュ) モイスチュアチャージローション。

 

少しとろみがある化粧水で、とにかく刺激が少ないのが嬉しいです。肌荒れした肌に使用してもピリピリしませんでした。

 

グングン浸透する化粧水ではないですが、丁寧にハンドプレスして馴染ませると内側からふっくら潤っていくのがわかります。

 

シンプルな使い心地ですが毎日しっかりケアしてあげるとハリも感じ、何かと敏感な肌になってしまう50代にピッタリな化粧水です。

 

プリオール マスクイン化粧水

まるで10分マスクしたかのような艶・ハリ・透明感が生まれる化粧水

プリオール マスクイン化粧水

かなりとろみの強い化粧水です。パシャパシャつけられる感じではないですが、55才の敏感肌には優しくつけられるので逆に助かります。しっかり馴染ませると肌がもっちりし、本当に化粧水だけ?と思うような肌触りになりました。テクスチャーも使用感も結構重ためなので、確かに50代以上の年齢肌向けではあると思います。

大人ならではの悩みを研究し生まれたブランド「プリオール」の化粧水。保湿注入&密封処方で馴染ませるだけでスーッと浸透し、まるで10分間もじっくりとシートマスクしたかのような潤いとツヤ・ハリ・透明感を得られる特徴があります。また高保湿効果により、乾燥からくる小じわもケア。毎日マスクなんてできない・・という50代にピッタリの化粧水です。
プリオール7日間お試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
公式HPへ資生堂 プリオール スキンケア お試しセット

 

エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション

ベストコスメアワード2017化粧水1位!ハリと透明感を生む人気の薬用化粧水

50代化粧水人気エリクシールシュペリエル

肌が乾燥しがちで見たからにパサパサだったのですが、保湿とか保水がしっかり出来ているのかどんどん肌が明るくなってきました。しっとりタイプを使っていて、とろみがあるのにべたつきがなく吸収力がいいです。今は2本目使っていますが、肌荒れもしにくくなり触った感じもモチってなって、ハリってこうい事かって思い知らされました。

肌質が大きく変わってくる40代後半から50代で使ってみたいエリクシールの薬用化粧水。角層のすみずみまで潤いを満たすことでハリと透明感をもたらし、m-トラネキサム酸も抗炎症作用により、50代の肌荒れに働く特徴があります。肌質に合わせて「さっぱり」「しっとり」「とてもしっとり」の3タイプがあり(トライアルセットは「さっぱり」「しっとり」の2種類)、自分の肌に合わせて選ぶことが出来るのもメリットです。7日間お試しセット1080円・税込(化粧水・乳液・美容乳液)
公式HPへ資生堂 エリクシール シュペリエル トライアルセット

編集部いちごの感想

50代化粧水口コミエリクシールシュペリエル

とろみが強い化粧水で、強めに上下に振らないと出てこないので、うっかりたくさん出しちゃったってことが防げます。

 

コットンにたっぷり取って、クルクルとマッサージしながら広げていったら、テクスチャーに反して、すぐに浸透。

 

馴染みの良さに驚きました。そして爽やか系のお花のような香りに包まれます。

 

肌がしっとりふんわりとして、パウダーファンデーションのノリもアップ。

 

勿論夜使っても、翌朝までかさつかない保湿力の高さもお気に入りです。

 

肌荒れもしにくくなって、敏感に傾く50代の方のケアにもってこいだと感じられました。

 

アテニア ドレスリフト ローション

乾燥によるたるみに!時間帯に合わせたケアでぼやけた顔をふっくら立体的に

アテニア ドレスリフト ローション

トロットしているのに、説明書通りにタッチングするとすぐに浸透します。馴染むとモチッとした肌触りになり、使い続けるたびに頬が上がってきたのが分かります。ダマスクローズの香りで癒されるし、効果が目に見えてわかます。さっぱりが好きな人には向かないかもしれませんが、乾燥肌にはこれくらいトロミと保湿力があると安心です。

アテニアのハリ特化ライン・ドレスリフトの化粧水。最先端の3D美容成分で表情による肌の伸縮、ハリや弾力を取り戻してくれるのが特徴です。また時間帯で変わっていく肌状態に合わせた集中ケアが行うことができる上、ラフィノース配合で肌を乾燥から守ってくれます。特に乾燥が原因によるたるみやほうれい線に悩んでいる人に。
トライアルセット1,500円・税込
(石けん・化粧水・日中用保湿乳液・夜用保湿クリーム)
公式HPへアンケート体験談

編集部いちごの感想

50代化粧水口コミアテニア

少しとろみが有るタイプですが、ハンドプレスするとすーっと浸透して行きます。

 

上品なローズの香りがやや強めに付いているので、アロマエステをしてる気分です。

 

アテニア独自のタッチングメソッドをすると、乾燥で固くなってきた肌がふんわりと柔らかくなりました。

 

保水力がアップしてきてるのか、始め使ってた量より少なめでも、肌がプルンとするようになって驚き。

 

肌が乾いて全体的にだるんと見えがちだった顔も、最近では少し締まりが良くなってきた気がします。

 

エイジングケアブランドの中でも、コスパが良いと評判なのも高ポイントでした。

 

アスタリフト ローション

保湿しながらしっかりエイジングケア!40代50代に人気のアスタリフトの化粧水

アスタリフト ローション

ジェリーアクアリスタの次につけましたが、浸透がほんとに早いのと乾燥しない上にべたつかないから驚きました。浸透良し・皮膜感なし・潤いもありますし、ハリもでる感じがしてとても好きです。さらっとして私には使い心地が良いですが、もっとトロミがある方が好きな人にはちょっと物足りないかも?

40代、50代に人気のブランド「アスタリフト」の化粧水。アスタリフトの代名詞とも言えるアンチエイジング成分アスタキサンチンと3種類のコラーゲン、セラミドの保湿成分を配合しているのが特徴です。先行美容液と化粧水の後につける美容液、クリームとライン使いをすることでより効果が実感しやすいのでお試しからの使用がおすすめです。
5日間トライアルキット1000円・税別
(ジェリーアクアリスタ 0.5g×10包・ローション 20ml・エッセンスデスティニー 5ml・クリーム 5g)

編集部アボカドの感想

アスタリフト ローション

化粧水の中でもかなりシャバシャバしていて、初めて使う時はうっかり掌からこぼしそうに(笑)。

 

アスタキサンチンが入っているからオレンジ色で、バラの香りが漂います。

 

ただ白い服にこぼしてしまうと、オレンジがなかなか抜けないから、規定量を使う場合でも少しずつ取り出した方が良いかも。

 

肌に入ると中からプルプルしてきて、内部が水分で満たされるのが分かりました。

 

トロミが無い分、肌への浸透も早いから、朝にも助かります。

 

何よりさっぱりした使い心地なのに、全然乾燥しないから、とろみ系が苦手な人や夏場でも重宝しそうな化粧水でした。

 

アスタリフト ブライトローション(美白化粧水)

美白しながらエイジングケアも万全!年齢による乾燥からくるくすみに使いたい化粧水

50代化粧水口コミアスタリフトホワイト

初めて使った時のあの感覚が忘れられずもう3本目のリピートです♪付けた瞬間、すごい勢いで肌に吸い込まれていってふっくら柔らかな肌に!!今まで味わった事がない感覚にとても感動しました。更に翌日の肌のハリにも驚きです。手放せないコスメになりました。テクスチャーは少しトロミがありますがサッパリしています。肌も日に日に明るくなってきているようです

アスタリフトの美白化粧水。浸透性を高めた独自開発成分・ナノAMA+が角層を整えてくすみをケアしながら、美白成分が浸透しやすいようにしてくれるのが特徴です。抗酸化成分アスタキサンチンや3種のコラーゲンも入っているので、美白と同時にエイジングケアも出来ます。乾燥によるくすみだけでなく、それに伴う肌トラブルを同時にケアしたいという50代の方に。
アスタリフト ホワイト5日間お試しセット1000円・税別
(先行美容液・美白化粧水・美白美容液・美白クリーム)
公式HPへアスタリフトホワイト

編集部アボカドの感想

50代化粧水口コミアスタリフトホワイト

サラサラタイプの化粧水で、美白アイテムなのに赤とオレンジの中間位の色合い。

 

導入美容液みたいに、すぐにすぅっと浸透して行って、肌が柔らかくなるから美容液も入りやすくなりました。

 

美白化粧品は乾燥しやすい物が多いのに、これは軽い付け心地だけど、しっとりと潤うのがよく分かります。

 

この保湿力の高さで、肌のキメが整ってきたのか、ピンポイントにシミをケアと言うより、全体のくすみを和らげてくれて、肌のトーンがアップしてきたみたい。

 

美白ケアしたいけどエイジングケアも捨てきれないという人にお勧めだなと思いました。

 

※価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

B.A ザ ローション 42歳 乾燥肌

1.その時のアナタの肌の状態と悩み

ポーラ化粧水

もともと乾燥肌で老けて見えいていたのが、40歳近くから更に乾燥して、肌にハリがなくなっていました。目元や口元は特に水分がなくしょぼんとなっていて、鏡を見るのも嫌でした。

 

2.その化粧水を選んだ理由

エイジングケアと言えばPOLA。そのPOLAがテクノロジーを結集し、更にに進化したとあって、これはぜひ使わないとと思いました。ヨモギやレンゲ草から取り出した保湿効果のエキスが入っているというのも、私のような乾燥肌に悩む人には魅力です。

 

3.最初の印象(テクスチャーと刺激・使い心地)

上品なフローラルの香り、透明色でみずみずしいテクスチャーです。コクがあって濃密なとろみが、濃ローションというだけあって、ローションというより美容液のような付け心地を感じます。

 

4.使い方と工夫した点

あまりにも早く浸透するので、もう1プッシュ気になる目元につけて使用しました。夜はさらに口元にも重ねてつけて、引き上げるようにつけると、翌朝のハリ感を実感できます。

 

5.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

付けた瞬間お肌がモチモチ&サラサラになりました。それは翌朝も続き、エアコンによる乾燥を感じなくなりました。使い続けていると潤いに満ちた肌はキメが整ってきたのか、みずみずしく艶や透明感まで感じられました。保湿力はもちろん、瑞々しくハリのある肌になり、こんな効果を化粧水で感じたのは初めて。化粧水でハリと弾力を感じられるなんてさすがエイジングケアの最高峰です。お値段がなかなかよいので継続して使うには、お財布がイタタなのですが使うほどに効果がよくわかるローションでした。
更に詳しく見てみる>>

50代の化粧水の選び方

50代の化粧水選びは製品の効果はもちろん、肌への負担や自分の肌との相性などさまざまな面を考慮したうえで選んでいく必要があります。

老化による乾燥が最初に起こる肌トラブル

ポーラ美容液

50代ともなると肌の老化を隠すことはできず、さまざまなトラブルを抱えてしまっているケースがほとんど。そのため肌環境を改善するだけでなく、すでに抱えてしまっているトラブル対策にどれだけ役立つかが化粧水選びの大事なポイントとなってきます。

 

まず基本となるのが保湿効果。老化の影響が真っ先に現れるのが乾燥です。しかも乾燥が加速することでバリア機能が低下し、紫外線や炎症の影響で活性酸素が増加するようになるため老化がますます進行しやすい状況になっていきます。

 

この悪循環を断つためにも保湿による乾燥対策がもっとも重要なのです。50代の肌ではターンオーバーの乱れや乾燥の影響で硬くなってしまっているケースが多く、有効成分が浸透しにくい状態になっています。

 

そのためこれまで以上に浸透性に優れた化粧水を選んでいくことが大事です。ナノ化や有効成分を閉じ込めたカプセルなど、メーカーがどのような工夫をしているかをしっかりとチェックしておきましょう。

添加物は50代の肌へ刺激を与える可能性があるので、なるべく避ける

ポーラ美容液

それから自分のトラブルの改善に役立ちそうな製品を選ぶこと。たとえばシワやたるみの悩みを抱えている場合にはビタミンC誘導体やレチノール、FGFといったコラーゲンの生成を促す成分が配合されている製品がオススメです。

 

あるいはシミやくすみの悩みを抱えている場合には美白成分が配合された美白化粧水が最善の選択肢となります。自分の肌環境と改善したいポイントをしっかり把握したうえで選んでいきましょう。

 

一方、肌への刺激を最小限に抑えることも重要なポイントです。合成界面活性剤や防腐剤、合成香料、合成着色料といった肌に刺激をもたらす恐れがある添加物はできるだけ避けること、そしてシンプルな内容の化粧水を選ぶといった点が重要です

 

。配合成分がシンプルな製品を選ぶことは先述した自分の目的に合ったものを選ぶ点とも結びついてきます。あの効果もほしい、この効果も欠かせない、と欲張らず、自分にとって何が必要なのかを見極めたうえで選んでいくことになるわけです。
参照:資生堂の化粧水 | 化粧水のトライアルセット

化粧水の上手な使い方

化粧水は適切な製品を選ぶことも大事ですが、使い方も大事です。適切な使い方を踏まえておくことで効果を最大限に引き出すこともできますし、逆に不適切な使い方だとせっかくの製品のメリットを損ねてしまう場合もあります。

化粧水をパッティングする際にはほどほどの範囲で

化粧水の使い方

この化粧水を使用方法について意見が分かれるポイントがひとつあります。それはどうやって肌に塗付するか。大きく分けると手で直接塗布するかコットンにつけて塗付するかの選択肢がありますが、どちらが適切なのかについては意見が分かれています。手で直接塗布する方法の方が一般的で、この方法なら肌に馴染ませやすく、しかも負担をかけずにすむメリットが得られます。

 

コットンの場合はどうしても塗付する際の摩擦の刺激が気になってしまうため、避けてしまう傾向が見られるのですが、手で化粧水を塗付する場合、せっかく化粧水に配合されている有効成分が顔につける前に手に吸収されてしまうことが多く、むしろ効果が下がってしまう面もあります。このポイントはどちらが正しいか、ではなく、コットンの刺激が肌の負担にならないかどうかなど、自分の肌に合った方法を選ぶことが大事です。

 

もうひとつ、手でつける場合もコットンでつける場合もパッティングには注意しましょう。しっかり浸透させようと意識するあまり強くパッティングをしてしまうと肌にダメージを与えてしまう恐れがあります。あくまでほどほどの範囲で行いましょう。

化粧水をつける場所によって量を調節

化粧水の使い方

化粧水を肌に浸透させる方法としてはまずコットンを使ったパックがお勧めです。化粧水にコットンを浸すくらいたっぷりしみこませた後顔につけてしばらく放置する方法です。擦らず、パッティングもせずに浸透させることができます。

 

一方手でつける場合にはハンドプレスが有効です。叩き込むのではなく化粧水をつけた手のひらで顔全体を包み込むようにしてじっくりと浸透させる方法です。こちらも摩擦による負担を避けながら浸透させることができるお勧めの方法です。

 

あとは場所によって使う量を調節すること。乾燥しやすい目元や口もと、皮脂の分泌量が多く紫外線を浴びやすい小鼻はとくに念入りに塗付していくよう心がけましょう。

 

それから基本中の基本ですが、洗顔後なるべく早く使用すること。洗顔後は汚れだけでなく皮脂やセラミドも洗い流されてしまっているため、放置しておくと水分が急速に失われていきます。理想としては5分以内に化粧水で肌を整えておきたいところです。こうした基本的な使い方のポイントを踏まえておくだけでも化粧水の効果を引き出しながら役立てていくことができるはずです。
参照:50代で使ってみたい化粧水と口コミ体験談 | 男性用化粧水

肌質によって化粧水の選び方も違う?肌質・肌の悩みと化粧水

化粧水は洗顔の後最初に使用するアイテムです。それだけに自分に合った製品を使っているかどうかでその後の美容液、乳液、クリームの効果にも差が出てきます。

乾燥性敏感肌の方は保湿成分がしっかり補えるものを

50代化粧水選び方肌質効果

この化粧水選びが難しいのは肌質によって正しい選び方に大きな差が出てくる点です。

 

何しろ洗顔の直後で肌が敏感な状態で使用するわけですから、効果はもちろんのこと肌に刺激を与えないことも大前提です。

 

そのためバリア機能が低下している敏感肌と皮脂の分泌量が過剰気味の脂性肌とでは肌との相性の時点で大きな違いが出てくるわけです。

 

当然刺激に敏感な方は低刺激の製品を選ぶことが第一となるわけですが、プラスどういった効果が得られるか見ていきましょう。

 

とにかく乾燥が原因でバリア機能が低下してしまっている場合には保湿成分が配合されている化粧水がオススメです。コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどが配合されている成分をチェックしておきましょう。

 

シミやくすみが気になる場合には美白化粧水を使用するのもよい選択肢です。美白美容液に比べると美白効果そのものは落ちますが、肌への負担が少ないので無理なく使用できるメリットがあります。

 

ビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸などの美白成分が配合されている製品の中から選んでいくようにしましょう。まだそれほどシミ・くすみが気にならない方や予防として美白対策を行っていきたい方にオススメです。

収れん化粧水に含まれるエタノールは水分を蒸発させてしまう

50代化粧水選び方肌質効果

脂性肌の場合は余分な皮脂を何とかしていくことがスキンケアのポイントですから、ビタミンC誘導体やビタミンB2、B6といった皮脂の分泌量を調節する働きを持った成分がオススメです。

 

また、余分な皮脂や古い角質が毛穴に詰まっていると洗顔で落としたときに毛穴が開きやすくなっています。その場合には収れん効果に優れた化粧水を使って毛穴を引き締めましょう。

 

この収れん効果は肌質を問わず洗顔後の肌を整える上で重要なポイントですが、エタノールが配合されている製品には注意しましょう。

 

このアルコール成分は優れた収れん効果を備えている一方で肌から水分を蒸発させてしまう作用も持っています。そのため敏感肌・乾燥肌が不用意に使うと乾燥をますます悪化させてしまう恐れがあるのです。

 

合成界面活性剤や防腐剤といった添加物と併せてこのエタノールの存在にも着目して選んでみるとよいでしょう。ただ知っておきたいのは化粧水はあくまで肌に水分をもたらしつつ整えることが第一の目的です。

 

8〜9割が水分で占められていることも合って美容液ほどの効果は期待できませんから、化粧水でケアを完結させるのではなく、美容液やクリームとの組み合わせも考慮したうえで選んでいくことも大事です。

更新履歴